SAMPLE CAFE

ファイヤーキングとは?

ファイヤーキングについて 刻印(バックスタンプ)について 取扱い方とお手入れ方法 コンディション、ダメージ用語について

ファイヤーキングは、アメリカのガラスメーカー、 アンカーホッキング社が1942年から1976年に製造していた食器ブランドです。

ファイヤーキングで特に有名なのは、マグカップです。 形ではDハンドルマグ、スタッキングマグなど様々な形が何種類かあり、カラーでは、中国の宝石である翡翠(ひすい)をイメージして作られたジェダイをはじめ、赤、橙、黄、茶、緑、青、ピンク、グラデーションカラー、ピーチラスター、オーロラなど多岐にわたります。
また、モチーフ、キャラクターもの、企業のロゴが入ったアドバタイジングなど、 何百種類ものデザインのマグカップがあります。

マグカップで有名なファイヤーキングですが、 ファイヤーキングの食器は、 ディナーウェアとオーブンウェアに大別されます。
ディナーウェアは、マグカップ、カップ&ソーサー、ボウル、プレート、、シュガー&クリーマーなど、数種の組み合わせで、ディナーウェアセットまたはスターターセット、ランチョンセットとして箱入りで販売されていました。
オーブンウェアは、カスタードカップ、ケーキパン(ラウンド、スクエア)、フレンチキャセロール、キャセロールなど、数種の組み合わせで箱入りでセット販売されていました。

これら以外にミキシングボウル、メジャーカップなどの調理器具、レンジセット、リフレジレーターなどの保存容器もあります。
また、その他のファイヤーキングのアイテムではボウルジャグ、ピッチャー、キャンディディッシュ、ジュエルボックス(宝石箱)、アッシュトレイ(灰皿)、花瓶などのインテリア雑貨もあります。
調べれば調べるほど、ファイヤーキングは食器の種類が多岐にわたり、奥が深いのです。

↑ PAGE TOP


ファイヤーキングの歴史

1905年 アンカーホッキング社の前身、ホッキンググラス社誕生
1937年 合併により、アンカーホッキンググラス社となる
1942年 ファイヤーキングブランド製造開始(~76年)
1969年 アンカーホッキング社と名称変更
1976年 ファイヤーキングブランド終了
2011年 ファイヤーキングジャパン社がファイヤーキングヘリテージシリーズを発売

↑ PAGE TOP


ファイヤーキングの刻印

ファイヤーキングはバックスタンプ(底にある刻印)で 年代を見分ける事ができます。

1942年~1945年 FIRE-KING OVEN GLASS
※会社のロゴが誕生する前のシンプルなゴシック体のレアな刻印です
※「OVEN GLASS」は丈夫な耐熱ガラスという事をアピールしています

1940年代中期 Fire-King OVEN GLASS /  OVEN Fire-King GLASS
※会社のロゴマーク『Fire-King』が誕生した頃のレア刻印です

1940年代中期~後期 OVEN Fire-King WARE
※GLASSの刻印がWAREに変更しました。レストランウェアシリーズに多く見られます

1950年代 OVEN Fire-King WARE MADE IN U.S.A.
※MADE IN USAの刻印が入り、ファイヤーキングの海外輸出が始まります

1960年代頃 ANCHOR HOCKING Fire-King WARE MADE IN U.S.A.
※60年代中期より会社名とイカリマークの刻印が付きます

1970年代頃 ANCHOR HOCKING OVEN Fire-King OVEN-PROOF MADE IN U.S.A
※OVEN-PROOF(耐熱)の文字が付きました
※OVEN-PROOFの他にHEAT-RESISTANT、DINNER WARE、OVEN WAREの刻印が付くものもあります

1970年代後期~ OVEN-PROOF MADE IN U.S.A
※ファイヤーキングブランドが終わると会社名とアンカーマーク、 水玉模様のような刻印、アンカーマークのみなどの刻印に変わりました

↑ PAGE TOP


ファイヤーキングの扱い方、お手入れ

ファイヤーキングは丈夫な耐熱ガラスとはいえ、製造から30~60年以上は経過しており、 以下の事に注意をして扱う必要があります

強い衝撃を与えない
耐久性が高いとはいえ、ぶつけたり落とすなどすれば破損します

急激な温度変化に注意
電子レンジやオーブンで使用できるが直火はNG。また、熱くなった食器に水をかける・冷えた食器に熱湯を入れるなど、急激な温度変化を与えない

食器洗浄機は使用しない
中性洗剤を付けたスポンジで優しく手洗いがベター

強くこすりすぎない
茶渋などのしつこい汚れは水に含ませたメラミンスポンジで茶渋部分を優しくこするのがよい。 強くこすりすぎるとツヤが落ちるので注意

漂白剤の使用に注意
漂白剤は、表示通りの濃度を茶渋部分のみに使用するす。プリントや塗装部分全体を漂白するとツヤや色柄が落ちるので注意

↑ PAGE TOP


ファイヤーキングのコンディションとダメージ用語について

ファイヤーキングは、製造から40年以上もたつヴィンテージ品です。 ファイヤーキングのお店では、ファイヤーキングの状態(コンディション)を大体4段階に分けて表しています。 また、コンディションを説明する時に、ダメージ用語を使って表現します。 ファイヤーキングを購入する前には、まず、商品の写真を見たり、商品説明をよく読むなど、 コンディションのチェックが大切です。 不明な点などがあれば販売店にメールなどで問い合わせをしてみましょう。

初めてファイヤーキングを購入する時は、実際にお店に行ってみて、実物を見てみる事をおすすめします。 こちらのページで店舗をご紹介していますので、ご参考になさって下さいね。

コンディション

ミント
気泡痕箱入り、ラベル付き未使用品、新品。デッドストック。

エクセレント
気泡痕箱、ラベル無しだが、使用感がない未使用にごく近い状態

ベリーグッド
気泡痕多少の使用感があり、小さな傷やペイントロス、チップ(欠け)がある状態。

グッド
気泡痕使用感があり、欠けや傷、スクラッチ(擦れ跡)がある状態

ダメージ用語

チップ
欠け

クラック
経年による、ヒビのようなライン。 ハンドルのつけねやボトムの淵に多く見られるが、割れる恐れはほとんどない

ペイントロス
プリントの剥がれ。製造時のミスや、使用による剥がれ

スクラッチ
カトラリーやテーブルとの擦れ跡

ヘアライン(ホワイトライン):
製造時に出来る練りムラの白いラインとへこみライン

ホワイトスポット
製造時に出来る不純物の白い点

ブラックスポット
製造時に出来る不純物の黒い点

フリーバイト
製造時に出来る飲み口に見られるざらつき

練りムラ
型にガラスを流し込んだ時に出来る色ムラ

気泡痕
製造時のガラス内の気泡が破裂したときにできる痕


↑ PAGE TOP